J'z PROJECT
A MON SEUL DESIR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクシア&リペア制作記02
今年の梅雨は長いですねぇ・・・

おかげでサフ噴きも出来ず、手持ち無沙汰な毎日ですw

エクシアもリペアも、あれからチョコチョコした部分の
改修を行っております。

今月号のHOBBY JAPANに作例が出ておりますが、
やっぱ気になるところはだいたい同じでしたw

胸ダクトのヒンジのトコは随分悩みましたが、
今回はキットのまま塗りわけで対応する事にします。
ディティールとして生かす方がなんとなくカッコいい気がw

で、時間が余ったので、台座データ作成しました。
エクシア台座用
ガンダム00系で使われているフォントに似たものを探して、
なんとなくそれっぽく作ってみましたが、どうですかねぇ?
ソレスタルビーングの紋章の位置も悩みに悩んでここに決定~

作製中の武者ガンダムさんと記念撮影♪
exia007.jpg




スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

エクシア&リペア制作記01
お台場ガンダム1

見てきました、お台場ガンダムw
京都から8時間・・・
高速が安いのは大歓迎なのですが、大渋滞もセット・・・

まぁ、とにかくデカかったw

正面より後ろ姿の方が断然カッコいいですね^^
お台場ガンダム2
現在休止中のガンダム作る参考写真をたくさん撮ってきました^^

さて、本題。
ガンダムエクシア、発売されましたね~♪
作る予定は無かったのですが、『破裂の人形』の発売が延期されてしまい、
ついつい購入~w

で、どうせ作るなら、エクシアもリペアも作ろうかと・・・

イグニッションモードでリペアを作り、
通常版でエクシアを作り、
LEDユニットは2個付属してるんで、選択方式にします。
両方の胸部かGNドライブを光らせるもヨシ、
1機に集約して胸部とGNドライブ両方光らせるもヨシ!

通常版を購入した大きな理由は、
『メッキ剥がすの面倒やな…』だけですw

イグニッションモードの武器はメッキ仕様で、
それはそれでキラキラしてて綺麗なんですけどねぇ~

けど、エッジがめちゃめちゃだるくなりますw
やっぱ実剣は鋭くないとリアリティに欠けますから、
結局やすり掛けするんで、メッキは無い方が作業効率アップします。

で、仮組みしてみたエクシアさんと、改修終わってサフ待ちのリペアさんです。
exia001.jpg

エクシアとリペアの違いって、
・左腕が無く、マントで隠してる
・GNソードが折れてる
・左顔面が損壊して他機体のカメラアイを刹那がくっつけた
・右肩の黄色いアンテナが無い
・コクピットハッチも刹那がくっつけた
・左腰フロントアーマーが無い
・左胸の黄色フィンが無い
・右ひざアーマーが無い
・両ヒザ外側のクリアーパーツが無い
・両足甲アーマーが無い
・右足首アーマーが無い
・右肩から上腕に伸びるパーツが無い
って感じですかね?

とにかくズタボロにやられてますw

で、顔面と左腕に関しては、キットも別パーツが用意されています。
あと、折れたGNソードも。
他の欠損部分は、「エクシアでは付けるけどリペアでは付けない」方式。
なので、キットには軸やピンが残ったままとなります。
このままだと若干見栄えが悪いので、そういった部分を改修しました。

exia002.jpg
右肩アンテナ基部ですが、内部の黄色アンテナを取り付ける軸を切り取ってあります。
組み上げた時に「パーツ取り付けてないだけ」感が大きいので、
リペア作製時には切った方が絶対良いと思います。
切るとエクシアには後戻り出来ませんがw

後は頭部アンテナと肩部アンテナをシャープに整形しています。
捨てサフ噴いてから再整形するので、最終的にはもう少しシャープになります。

画像には写っていませんが、
他機体のカメラアイですが、基部パーツに裏からピンバイスで穴を開けて、
ネイルアート用の高級スワロフスキーをプラ棒の先端に貼り付けた物を
後ろから差し込むよう加工しました。
めちゃくちゃ光りますw

アゴ裏のパーツを削りこみ、キットのままでもアゴが引けるように改修しました。
首の延長をするかどうか、最後まで悩んだのですが、
スタイル的にはキットのままの方がバランスが良いと思い、
首の延長はしていません。
ポリキャップ接続なので、胴体に頭をはめてから、少し引き抜き加減にする事で、
しっかりアゴが引けます。

スタイルの話ついでに。
このキットは極端な程のA字体形だと思います。
で、Aの頂点に頭が乗っかるバランスで作られているので、
首を伸ばすとそのバランスが崩れてしまい、よけいかっこ悪くなると思います。
まぁ、人それぞれ好みがあるんですけどねw

exia003.jpg
脚部です。
ヒザアーマーを取り付けるピン2本をカットしました。
これもまた「パーツ取り付けてないだけ」感が大きいので、
リペア作製時には切った方が絶対良いと思います。
切るとますますエクシアには後戻り出来ませんがw

あっ、写真見てたら作業し忘れているトコ発見!
白フクラハギパーツの天面を切り欠いて、プラの厚みを削り落とさないと・・・
こういった「他パーツを取り付ける事で隠れて見えなくなる部分」ってのは、
見落としがちになるので、注意が必要ですね。

あと、足の甲アーマー接続部分も「パーツ取り付けてないだけ」感が
大きいので、エバグリのプラ棒を差し込んで、
両端にメタルマイナスモールドを埋め込みディティールアップします。
コの字型ジョイントが駆動シャフトをくわえ込んでるイメージです。

exia004.jpg
折れたGNソードは刃部分を削り込み薄くしてあります。
現状でペーパーナイフぐらいの切れ味ですw
露出しているポリキャップ軸にはメタルパーツを取りつける予定です。

exia005.jpg
GNソードのシールド部は、フチに元々あるエッジを削り落として
よりシャープに見えるように改修しました。

exia006.jpg
マントはキットのままですが、パーティングラインがくっきり付いているので、
全部削り落とし、番目の荒いヤスリで表面を布っぽい質感になるよう調整しました。
濃茶から立ち上げてMAX塗りするとヨサゲですね。


以上で改修終了~w
いや~、ABSパーツの多いこと多いこと…
処理に時間はかかるわ、塗装も気を使わないとアカンわで、
ほんま手間のかかる素材ですなぁ~

とりあえず表面処理は面立て・エッジ立て・モールド彫りなおしが終わり、
800番のヤスリ掛けまでは大まかに終わってるので、
洗浄後、捨てサフ噴いて傷チェックがてら1000番ヤスリで塗装面を整えて
再度洗浄してベースホワイト噴いてから本塗装ですね。

その前にエクシア本体を弄らなくっちゃ…

塗装はデザイナーズカラーの色味にしよっと♪。

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

初代ガンダム(お台場ディティールVer)製作記03
色々悩んだ結果、
この機体にはお台場ガンダムのディティールを彫り込む事にしました。

1/100のスケールでは出ないみたいなのでw

ただ、微妙に違う形状をどうしようかは悩み中です。
使用するキットと大きく違う部分は、胸部ダクトの形状と、足の形状ですね~。

胸部はまぁ良いとして、
甲の部分が高いあの形状は、あまり好きじゃ無い…
MGガンダムver.2.0の足も好きじゃないのに、
あれ以上に甲が高いような…

って事で、足の形状変更はせず、
スタイルはG-3と同じ改修を行い、
胸部はパテでアニメ版の形状に変更。
モールドは埋めて、新規に彫りなおし。
ランドセルのサイドスラスターと補助バーニアを改修。
ランドセル本体のボリュームアップはしない方向でw
フェイスはVer.O.Y.Wの物を少し削って小顔化(あまり小さくし過ぎない)

とにかく、
今週末にお台場行って実物の写真をいっぱい撮って資料集めしてきますっ!^^

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

破裂の人形制作記01
そろそろ発売されますね、破裂の人形^^

予約してからそろそろ2ヶ月かぁ~。
電ホやホビージャパンにも記事が出始めて、
待ち遠しい感がますます加速しちゃいます^^

少し前にWaveから発売されたエンゲージSR1にも、
かなり魅力を感じていたんですが、
1/144のスケールだったので、つい見送ってしまいましたが、

今回は堂々の1/100スケール!
ハイクオリティ・ブラモデル!
機体は『破裂の人形』となりゃ買うっきゃない、作るっきゃないっ!w
ボークスのインデックスページ見てるだけでも、
ご飯3杯ぐらいいけそうですw

ちなみに、『バング』とか『バンドール』とか『SSI』とかなんて呼びません!
俺はあくまでも『破裂の人形』です!

ど~でも良いこだわりですがw

ナイトオブゴールド見た時は『頭でかっ』って感じやったし、
ジュノーンはエルガイムやし…

が、この『破裂の人形』見た時は衝撃でしたなっ。
機動時の静の台詞にシビレましたw

んで、この箱絵のカットのポーズを昔、漫画で見た時の衝撃!
トリコになりました!

やっぱ騎士が『人形遣い』と呼ばれてるからには、
MHは『バング』とかより『破裂の人形』って言わないとねぇ~w

で、製品情報を見てみると、スタイルは完璧!
それでいてSMM(スーパー・メカニカル・ムーヴィング)仕様の可動モデル!
非のつけようがないキットですなぁ~

全高:約365mm /マスト含まず:約236mm

でかっ!
マスト抜きでシナンジュと同じぐらい。

パーツ総数367点

多っ!!
頭部だけでも15パーツて…
まぁ、その分、見る限り合わせ目がほとんど無さそうだから、
塗装は楽なんやろけど・・・

お値段8400円(送料1050円別)

まぁ、こんなもんでしょ。
逆に安いぐらいかもっ^^

ってか、なぜに京都にはボークスのショールームが無い?
会社は京都やなかったっけ??

まぁ、細かいことはさておき、制作が楽しみなキットですな。

作る前からすでにパール塗装で仕上げるのを決意してる俺でしたw







真っ赤に塗って『カーディナル・バング』にしたい気もするが…

2体作るか…

いや、2体目の途中で頓挫するな、きっとw

テーマ:FSS - ジャンル:アニメ・コミック

G-3ガンダムとシナンジュ
オークション、無事に終了いたしました。
今回のG-3ガンダムもたくさんの方に見ていただき、
ご入札していただけた事に大変感謝いたしております。

前出品のシナンジュ共々ありがとうございました^^

ご落札者様との取引も無事に終了し、発送もいたしましたので、
繰上げ等はございません。

入札してくださった方々が、オークション詐欺の被害に合われないよう、
今後は取引の経過を当カテゴリに記載していきたいと思います^^

取引中止等があった場合は、こちらを確認してから対処していただければと思います。

オークション結果(G-3)


前回のシナンジュの結果発表をし忘れてたので併せて掲載します。
オークション結果(シナンジュ)


テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

武者ガンダム製作記01

一年戦争末期におけるRX-78-2ガンダムは、
ニュータイプとして覚醒したパイロット『アムロ・レイ』の力もあり、
多大なる戦果を上げるにいたった。

ガンダム本体のエネルギーゲインはザクの5倍以上(当時の宇宙艦艇の水準をもはるか超える)
あったが、主武装であるビームライフルは、エネルギーCAPという装置そのものを内蔵するタイプであったため、
チャージされたメガ粒子の分を撃ち尽くすと母艦や基地へ戻ってチャージする必要があった。

ガンダムの機動性に加え、覚醒したアムロの回避能力の高さから、
1出撃当たりの可動時間は、携行武器のエネルギー切れ、
すなわち『弾切れ』により制限される事となった。

局地的な戦闘における少数同士の戦闘ならば、
弾切れ前に戦闘終結する場合や、味方援護によるリロード時間確保が可能であったが、
最終決戦前までには、この問題を解決する必要があった。

ジオン本国決戦までの限られた時間の中で問題を解決するために、
現行のビームライフルを2丁携行する簡易武装強化プランが上がった。

対モビルスーツではビームライフルを使用し、
対戦艦ではハイパーバズーカを使用するという武器の使い分けに加え、
予備のビームライフルを腰背面部ラッチに携帯し、
弾切れの際には持ち替えるというプランである。
なお、ビームライフルについては、計画当初はガンダム用の物を2丁持つ予定であったが、
マグネットコーティング時にガンダム本体のジェネレーター出力も向上したため、
4号機および5号機が携行するハイパー・ビーム・ライフルを1丁装備する事となった。
(威力は高いが連射能力に難があるため、
戦闘開始時の雑魚相手には取り回しの効く通常のビームライフルが有利)

これによりガンダムの1出撃における可動時間は大幅に長くなるが、
反面、シールドを持てないため、防御面で不安が残る事となる。

戦闘開始時、双方の機体が入り交じって乱戦となる戦場においては、
いかに回避能力の高いアムロとはいえ、
全ての攻撃を回避する事は困難と考えられた。

結果、特に死角となりやすい左右の防御に重点を置きつつ、
両手がフリーとなるよう、ジオン軍のザクのような
取り外し可能なシールドを両肩にマウントする装備が施された。

このシールドはガンダムのコンピューターにより、
常にコクピットを左右の攻撃から防御出来るように、
アクティブに可動するよう制御されている。

腕部やスネ部には開発中のNT-1で使用されているチョバムアーマー
と同じ素材の簡易装甲を装備し、
パイロットの任意により防御出来る手段も残している。

ランドセルのバーニアはマグネットコーティング時に増設され、
脚部にもNT-1と同じように試作型のスラスターを増設し、
さらに機動力を高めた機体となった。

--------------------------

以上、機体設定の妄想終了~w

って事でフルアーマープランの1つとして作り始めたガンダムです。

FA-78-1Mガンダム!
MUltiangle-SHield-Armored-GUNDAM
で、Mu.Sh.A-GUNDAMって事でw


はい、めちゃめちゃ強引に『武者』の字をアルファベットにしましたwww

処分に困った積みプラ(真武者)と、
以前パーツ取りして余ってた4号機からハイパー・ビーム・ライフルを流用して、
ガンダムVerOYWにゴテゴテっと装着~。

で、出来たのがこれっ!w
FA-78-1m Mu.Sh.A-GUNDAM001
FA-78-1m Mu.Sh.A-GUNDAM002


ん~~~~、微妙w
ケルディムみたいw いや、デュナメスかw
青く塗ったらなんちゃってダブルオーライザーwwww

真武者頑駄無は、それはそれでカッコイイと思います。
デザイン的には好きなんですが、鎧がどうも…

真武者頑駄無から『武者』っぽさを取り除いたら
もっとカッコイイんやないかなぁって所から始めたこの製作。
気付いたらガンダム00に出てきそうなモビルスーツに…

とりあえず、盾の上のバーはイランから、はずそっとw

迷走しそうな予感w

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

G-3ガンダム製作記02
梅雨の合間を縫って塗装作業完遂しました。

こんな感じに仕上がりましたけど、どうでしょうかねぇ?
G3-015.jpg

配色は↓のGFF用にカトキハジメ氏がリファレンスしたG-3のデザイン画を参考にしました。
(デザイン画とGFF製品では、少し色味が違ってる気がしたので、デザイン画踏襲の方向でw)
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE LIMITED RX-78-3 GUNDAM Ver.Ka WITH G-FIGHTER (G-3 version)GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE LIMITED RX-78-3 GUNDAM Ver.Ka WITH G-FIGHTER (G-3 version)
(2007/07/28)
バンダイ

商品詳細を見る


塗装ですが、表面処理後、ベースホワイト1000(C)で下地を作ってからエアブラシ塗装。
色味については、ただの白塗料と黒塗料の混ぜ合わせ率の差によるモノトーンでは、
あまりに芸が無いように思い、また深みもあまり感じられないと思ったので、
赤味がかったグレー・青味がかったグレーを作り、トリコロールを意識して塗装しました。

☆色レシピ
明グレー:ファンデーショングレー(F)+ファンデーションホワイト(F)+α
中間グレー:上記明グレー+EXブラック(G)+ディープレッド(F)ごく少量+α
濃グレー:ファンデーショングレー(F)+ディープブルー(F)+EXブラック(G)+α
ランドセル・武器・手・関節カバー等のグレー:ファンデーションホワイト(F)+EXブラック+α
黄色:ディープイエロー(F)
関節金属色:チタニウム(F)
シリンダー部:スーパーファインゴールド(C)とスーパーファインシルバー(C)で塗りわけ
メインカメラ・ツインカメラ:スーパーファインシルバー(C)⇒クリアーイエロー(C)
リアカメラ:クリアーイエローで塗装した透明プラ板の裏からラピーテープで裏打ち
スミイレ:TAMIYAエナメル(ダークグレー・フラットブラック・ジャーマングレー等)
です。

グレーだけで4種類調色しました。
難しかったのは中間グレー(トリコロールガンダムの赤い部分を塗ってるグレー)と、
濃グレー(トリコロール版の青い部分)の色味でした。
イラストに照らし合わせながら、ごくごく少量の赤や黄色を混ぜて調整し、
プラ板に塗っては調整を何度も繰り返しました。
おかげで納得のいく色が作れました^^

デカールは別売りの水転写式ガンダムデカール(Ver.kaとVer.O.Y.Wの2種類)と
ハイキューさんのデカールを使用。
左肩・左ヒザ・シールドの識別番号はG-3の「WB103」に変更してあります。
胸の「G3」の文字はGFFを真似しちゃってますw

トップコートはガイアカラーのEXクリアーを噴き付けてから、
外装部はEXフラットクリアーで再コートしました。


ついでに各部の改修ポイントも整理しとこっと。

【頭部・胸部】
G3-004.jpg
G3-008.jpg
・頭部バルカンはハイキューさんのメタルバルカンに置換。
・首の延長、後頭部襟首部分のジョイント隠し。
・ヘルメット後ハメ加工・フェイスの小顔化・モールド彫りなおし。
・胸部に1.5mmメタルパイプを埋め込みディテールアップ。
・胸部ダクトフィンの形状変更。
・ランドセルのマルイチモールドはハイキューさんのツインサークルに置換。
・バーニアもハイキューさんのメタルバーニアに置換。
・各所パーツに開口部を設けディテールアップ。

【腕部】
G3-009.jpg
・左手のみ5指可動処理、右手は武器の保持力確保のためキットのまま。
・各所パーツに開口部を設けディテールアップ。

【腰部・脚部】
G3-010.jpg
G3-014.jpg
・足首に真武者頑駄無のパーツを流用し延長処理。
・スネ側足首付近のシリンダーパーツのシャフトをメタル物に交換。
・ヒザ上のシリンダーパーツは切断して塗りわけ。
・フトモモ部分の凸モールドはメタルリベットに変更。
・各所パーツに開口部を設けディテールアップ。

あっ、武器の写真を撮り忘れてる…orz

ちなみに、外装パーツはほとんどフレームに接着して組み立てているので、
フレームモデルにはなりませんw

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

copyright © 2006 J'z PROJECT all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。