J'z PROJECT
A MON SEUL DESIR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
νガンダム制作記2
08-11-30_09-00.jpg

製作記と書きつつ、いきなり完成画像ドーーーン!
プラモ製作とブログ更新の同時進行なんて、俺には無理でしたw

この機体はB-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15のパーツを使っています。
(腰部サイドアーマーは、もう1台の方に使用しています)

c・o・v・e・r-kit-15のパーツは、
 ・頭部
 ・肩アーマー
 ・ビームライフル
 ・シールド
 ・腰部サイドアーマー
が付いているのですが、
腰部サイドアーマー以外はオリジナルのνガンダムの形状と異なっています。
顔のスリット(への字口の事)が2本なので(本来νガンダムは3本)、
ファーストガンダムの顔を格好良くした感じのパーツでした。
って事で、ブレードアンテナの形状を変更してファーストガンダムの顔にリスペクトw

顔や肩や武装がオリジナルと異なるので、
どうせなら独自のif設定を作って、まったく違うνガンダムに仕上げました。
 『アムロが突貫作業で作ったνガンダムとは別に、オクトーバーさんが予備パーツ等で
  2号機を製作し、それを改修してHi-νガンダムへ…』
ってな感じですw

携帯で撮った写真なので、かなり見づらいと思いますが、
塗装やモールドラインについては、レックレスのレジンキットを参考にしています。
Hi-νに繋がってくような機体に仕上がってると思います。

オリジナルついでに、

AMBACによる姿勢制御を行うにあたって、νガンダムの左右非対称は、
制御計算上、システムにかなり負担がかかると思いますので左右対称へ。

「んぢゃ~ライフルや盾の重量はどうすんだ」って話もありますが、
そこは無視って事でw

左右対称って言っても、ファンネルを3枚づつ左右に分散させて装備するのと、
下腕を両方左腕の形状にしただけですがw

あっ、νガンダムの下腕部は右と左では形状が違います。
右腕はファーストガンダムみたいな感じで、
左腕は予備のビームサーベル用収納ラックが付いています。
この機体はランドセルにビームサーベルが装備出来ないので、
左右の腕に1本づつ計2本ビームサーベルを装備している事になってます。

っとまぁ、長くなりましたが、以上が青νの製作コンセプトでした。


って事で覚えてる範囲でまとめて改修箇所を書き出します。

【ベースキット】
 1/144 HGUC RX-93 νガンダム 1.5体 (定価2,625円(税込)×1.5=約4000円)
 (パーツ取りのため)
 B-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15 (定価8,190円(税込))
 B-CLUB製ハイディティールマニュピレーター161 (定価2,420円(税込))
 その他アルミパーツ等
 キット・パーツ代だけで2万円越えちゃってますw HGUCのくせに贅沢な…
 
 ck15
  ↑c・o・v・e・r-kit-15 商品説明の画像を使用させていただいております。

【全体】
 1/144スケールでもリアル感や重厚感をしっかり出せるように、
 面立てに特に気合いを入れて製作してあります。
 鉄やすり→400番→600番→800番と耐水サンドペーパーを使用。
 その後、中性洗剤でパーツ洗浄。
 スマートでシンプルな直線的なフォルムに改修し、高機動っぽさをアピール。
 余分なC面やバンダイエッジは削り落としています。
 (フィンファンネルなど、エッジをきっちり出し過ぎて
  カッターナイフの刃ぐらいに鋭くなってしまい、指を切ってしまいました)
 スミイレがぼけないように、全身のモールドと逆エッジも彫り直しています。

【頭部】
 B-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15を使用。
 アンテナ及び基部はキットの物を形状変更し流用。
 バルカン部は開口しGテンプル製ツインバルカンIVのインナーを装着。
 ツインアイ・メインカメラ・リアカメラにはAKOホビー製オーロラステッカーグリーン使用。
 首裏の肉抜きはプラ板を貼り付けて閉塞。

【胴部】
 左胸のサブカメラにはAKOホビー製オーロラステッカーグリーン使用。
 カメラ裏の肉抜き穴はパテで埋めてあります。
 塗り分け部は全てモールド彫り直し後、マスキングで対応。
 胴体が短すぎるので、下部をプラ板で1mm延長してから、
 前に傾くように傾斜をつけて削り込み、 S字立ちが決まりやすいようにしてます。

【バックパック】
 左右にファンネルを装備出来るよう、キットの余剰パーツを流用。
 サーベルラックは付属いたしません。
 バーニアはGテンプル製T8バーニアに置換。

【肩・腕部】
 肩はB-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15を使用。
 左右腕ともに、左腕パーツを使用し、両腕に予備サーベルラック装着。
 手はハイディティールマニュピレーターを使用し、武器と接着してあります。
 下腕部アポジモーターにはメタルパーツ使用。

【腰部】
 フロントアーマーの段差部分は開口し、エバーグリーンのスリット入りプラ板を
 裏から貼り付けて別パーツ化しています。
 また、下部に1.2mmプラ板を貼り付けて大型化。
 フンドシ部分は削り込んで直線的な形状に変更。
 リアアーマー裏面もスリット入りプラ板で蓋を作りスカスカ感を解消。

【足部】
 太股で3mm延長して、よりヒーロー体型にスタイル修正。
 膝関節のマイナスモールドはハイキューパーツ製メタルマイナスモールドを使用。
 ふくらはぎ部バーニアはGテンプル製メタルバーニアに置換。
 バーニア保護アーマーの形状を直線にし、さらに薄くしてあります。
 足裏バーニアはAKOホビー製フラットスラスターIIに置換。
 膝にあるスラスターは別パーツを埋め込んで立体的にしてあります。
 ファンネルが重いのでキットのままだとバランスを取るのに、
 若干猫背気味になるのを、足首パーツの隙間にオモリを仕込む事で解消。

【武器】
 ビームライフル・シールドはc・o・v・e・r-kit-15を使用。
 適所にメタルパーツでディティールアップ。
 バズーカもキットのままですが、メタルパーツでディティールアップしてあります。
 ファンネルもキットのままですが、手を切らないように注意が必要ですw

【塗装・カラーレシピ】
 パーツ洗浄後、ホワイトサフでサフ吹き。
 クレオス308番グレーFS36375で下地吹き。
 
 本体白:スーパーシェルホワイト(フィニッシャーズ)
 本体青:ラベンダー(フィニッシャーズ)
 本体黄:黄燈色(クレオス)
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 J'z PROJECT all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。