J'z PROJECT
A MON SEUL DESIR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
νガンダム製作記3
↓こいつがですねぇ……
νガンダム01
延期につぐ延期で、なかなか販売されなかったんですよ………
10月末発売予定だったのに、届いたのが12月30日て……

あっ、B-CLUB社c.o.v.e.r-kit.17ってレジンキットの事なんですけどね。

青νはとっくに完成してるのに、肝心のアムロνが放置のままでした。


で、さっそく届いたパーツを処理して、完成したのがこちらw
νガンダム02
パーツ取り用の予備のキットと記念撮影w

改修内容は青νとほぼ同じです。
塗色以外で違う点は、
 顔 : 青νはレジン製cover-kit15を使用、アムロνはcover-kit17を使用
 胴体 : 青νはキットを2mm延長、アムロνはcover-kit17を使用し2mm延長
 肩 : 青νはcover-kit15を使用、アムロνはキットのまま
 腰部サイドアーマー: 青νはキットのまま、アムロνはcover-kit15を使用
 武器 : 青νはcover-kit15を使用、アムロνはキットのまま
 モールドライン : 青νはレックレスの量産型νガンダムを参考にしてます。
            アムロνは劇場版のイメージを壊さないようMGを参考。
ん~、こんぐらいかな?

詳しい改修箇所は、一つ前の日記に書いたのですが、
携帯で撮った写真が残っていたので、掲載してみます。


νガンダム11
改修前仮組み状態のダブルフィンファンネル仕様

νガンダム12
【両機共通】ふとももの延長と腰部フロントアーマーの大型化
        フロントアーマーは、この後開口してます。

νガンダム13
【青ν用】B-CLUB c.o.v.e.r-kit15の頭部。
アンテナはキットのパーツを流用し、シャープに削り込みしてあります。
レックレスの量産型νガンダムのレジンキットを参考に4本角を2本角に形状変更。

νガンダム14
【両機共通】綺麗に塗り分け出来るように、V字周りを彫り込み。

νガンダム15
【両機共通】ふんどし部分のモールドライン追加

νガンダム16
【両機共通】脚部バーニア用アーマーの形状変更
        ふくらんで丸みを帯びていたのをエッジを出して直線的に成形。
        また、ふちを削り込んでシャープにし、オーバースケールな厚みを解消。
        モールドライン追加(青νとアムロνではライン形状を変えています)
        見にくい画像ですみません…

νガンダム17
【青ν】バランスチェックのための仮組み

νガンダム18
【両機共通】
スネパーツで一番気になったのは、ヒザ上端の形状でした。
丸みがありすぎ、また、パーツ断面が非常に分厚く感じオーバースケール気味でした。
なので、先端を削り込み、シャープな形状に修正しています。
後、「弁慶の泣き所」部分にあるスラスターをkotobukiyaのプラパーツに変更。
その他、モールドラインを追加しています。
(青νとアムロνではライン形状が異なっています)

νガンダム19
【青ν】 改修後、サフを噴いてエアブラシ塗装し、完成した青νと素組キットの比較
     まっすぐに立たせると、5mmぐらい身長差がありますが、
     胴部をS字立ち加工しているため、めちゃくちゃ背が伸びたって感じは無いと思います。

νガンダム20
【アムロν】 青νはレジン製武器保持のため接着が必要なハイディティールマニュピレーターを
        使用しましたが、アムロνはキットを使用。
        ただ、キットのままでは白色装甲部をの厚みがオーバースケールなため、
        薄く削り込み小型化してあります。
        (左:加工前 右:加工後)

νガンダム21
【アムロν】
 c.o.v.e.r-kit.17の胴体レジンパーツです。
 段落ち部分の形状変更とウエストの絞り込みで、よりスマートな印象に変化します。
 が、高さはそのままだったので、2mm延長しました。

νガンダム22
【アムロν】
 胴体パーツを横から。
 2mm延長後、S字立ちが決まりやすいように斜めに削り込み、
 前側では1mmの延長、後ろ側では2mmの延長となってます。
 最近のマスターグレードは、胴部の前後傾斜が出来るようになっていますが、
 ハイグレードには、その機構は付いていないので、
 主に素立ちで展示させるのを前提で製作する場合、この加工は必須だと思います。
 (あまり極端に差を付けると、他のポージングの時におかしな事になりますがw)

νガンダム23
【アムロν】
 塗装前状態で撮影するのを忘れましたw
 キットと比較すると、
  ・バルカン基部の形状変更
  ・バルカン空薬莢排出口の追加
  ・あごパーツ、アンテナ基部の菱形パーツの小型化
  ・とさか部分の大型化
  ・エアインテーク部分(耳あての部分)の形状変更
 等があり、かなり格好良くなってます!

 2ヶ月待った甲斐があったw

 このままでも十分カッコイイのですが、
 顔面パーツの取付部分を少し削り込み、少し奥まらせてから取付ました。
 バルカンはmodel-upのメタルバルカンⅣに変更し、
 ツインアイはG-PARTSのオーロラステッカーを貼り付け。
 メインカメラとリアカメラにはラピーテープを貼り付けてあります。
 メインカメラは、ラピーテープの上にオーロラステッカーを貼り付け、
 多重構造っぽく見えるようにしてます。

 このパーツは、より「ファーストガンダム」のイメージに近い仕上がりになっていると思います。

νガンダム24
【アムロν】
 後頭部から見たらこんな感じです。
 トサカの終端が短くなり、耳あて部分がそれに繋がるラインになってます。
 ヘルメット後頭部のふち(首根っこの方)の部分も大きくラインが変化しています。


写真は無いのですが、
 アムロνの肩アーマーの取付位置を1.5mm程さげて、
 「怒り肩」過ぎるのを緩和してあります。

また、両機共、つま先にミニ四駆用のオモリを仕込めるだけ仕込み、
特にアムロνは12枚のフィンファンネルを背負っても自立出来るようにしてます。

アムロνはビームサーベルラックも作ってあり、
パーツを換装する事で、劇場版仕様とダブルフィンファンネル仕様の
コンバーチブルが可能です。

アムロνのカラーレシピは、
 白:ファンデーションホワイト(F)
 濃青:コバルトブルー(F)+EXブラック(G)
 黄:イエロー(C)+黄橙色(C)
 赤:ブライトレッド(G)
 フレームグレー:ニュートラルグレー(C)+ジャーマングレー(C)
 銀:スーパーシャインシルバー(C)
  F=フィニッシャーズ
  G=ガイアノーツ
  C=クレオス

上記をエアブラシで塗装、希釈にはガイアノーツのブラシマスター使用。
乾燥後、TAMIYAのエナメル塗料でスミイレ。
乾燥後、水転写式ガンダムデカール各種を貼り付け。
イメージを損なわないように、バーニアやスラスター付近に
コーション系を配置してます。
また、貼り付けには、マークセッター・マークソフターを使用し、
しっかりと定着させてあります。
デカール乾燥後、ガイアノーツのEXフラットクリアーでトップコート。

以上でやっと完成~
思った以上に手の掛かるキットでしたw

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

νガンダム制作記2
08-11-30_09-00.jpg

製作記と書きつつ、いきなり完成画像ドーーーン!
プラモ製作とブログ更新の同時進行なんて、俺には無理でしたw

この機体はB-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15のパーツを使っています。
(腰部サイドアーマーは、もう1台の方に使用しています)

c・o・v・e・r-kit-15のパーツは、
 ・頭部
 ・肩アーマー
 ・ビームライフル
 ・シールド
 ・腰部サイドアーマー
が付いているのですが、
腰部サイドアーマー以外はオリジナルのνガンダムの形状と異なっています。
顔のスリット(への字口の事)が2本なので(本来νガンダムは3本)、
ファーストガンダムの顔を格好良くした感じのパーツでした。
って事で、ブレードアンテナの形状を変更してファーストガンダムの顔にリスペクトw

顔や肩や武装がオリジナルと異なるので、
どうせなら独自のif設定を作って、まったく違うνガンダムに仕上げました。
 『アムロが突貫作業で作ったνガンダムとは別に、オクトーバーさんが予備パーツ等で
  2号機を製作し、それを改修してHi-νガンダムへ…』
ってな感じですw

携帯で撮った写真なので、かなり見づらいと思いますが、
塗装やモールドラインについては、レックレスのレジンキットを参考にしています。
Hi-νに繋がってくような機体に仕上がってると思います。

オリジナルついでに、

AMBACによる姿勢制御を行うにあたって、νガンダムの左右非対称は、
制御計算上、システムにかなり負担がかかると思いますので左右対称へ。

「んぢゃ~ライフルや盾の重量はどうすんだ」って話もありますが、
そこは無視って事でw

左右対称って言っても、ファンネルを3枚づつ左右に分散させて装備するのと、
下腕を両方左腕の形状にしただけですがw

あっ、νガンダムの下腕部は右と左では形状が違います。
右腕はファーストガンダムみたいな感じで、
左腕は予備のビームサーベル用収納ラックが付いています。
この機体はランドセルにビームサーベルが装備出来ないので、
左右の腕に1本づつ計2本ビームサーベルを装備している事になってます。

っとまぁ、長くなりましたが、以上が青νの製作コンセプトでした。


って事で覚えてる範囲でまとめて改修箇所を書き出します。

【ベースキット】
 1/144 HGUC RX-93 νガンダム 1.5体 (定価2,625円(税込)×1.5=約4000円)
 (パーツ取りのため)
 B-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15 (定価8,190円(税込))
 B-CLUB製ハイディティールマニュピレーター161 (定価2,420円(税込))
 その他アルミパーツ等
 キット・パーツ代だけで2万円越えちゃってますw HGUCのくせに贅沢な…
 
 ck15
  ↑c・o・v・e・r-kit-15 商品説明の画像を使用させていただいております。

【全体】
 1/144スケールでもリアル感や重厚感をしっかり出せるように、
 面立てに特に気合いを入れて製作してあります。
 鉄やすり→400番→600番→800番と耐水サンドペーパーを使用。
 その後、中性洗剤でパーツ洗浄。
 スマートでシンプルな直線的なフォルムに改修し、高機動っぽさをアピール。
 余分なC面やバンダイエッジは削り落としています。
 (フィンファンネルなど、エッジをきっちり出し過ぎて
  カッターナイフの刃ぐらいに鋭くなってしまい、指を切ってしまいました)
 スミイレがぼけないように、全身のモールドと逆エッジも彫り直しています。

【頭部】
 B-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15を使用。
 アンテナ及び基部はキットの物を形状変更し流用。
 バルカン部は開口しGテンプル製ツインバルカンIVのインナーを装着。
 ツインアイ・メインカメラ・リアカメラにはAKOホビー製オーロラステッカーグリーン使用。
 首裏の肉抜きはプラ板を貼り付けて閉塞。

【胴部】
 左胸のサブカメラにはAKOホビー製オーロラステッカーグリーン使用。
 カメラ裏の肉抜き穴はパテで埋めてあります。
 塗り分け部は全てモールド彫り直し後、マスキングで対応。
 胴体が短すぎるので、下部をプラ板で1mm延長してから、
 前に傾くように傾斜をつけて削り込み、 S字立ちが決まりやすいようにしてます。

【バックパック】
 左右にファンネルを装備出来るよう、キットの余剰パーツを流用。
 サーベルラックは付属いたしません。
 バーニアはGテンプル製T8バーニアに置換。

【肩・腕部】
 肩はB-CLUB製c・o・v・e・r-kit-15を使用。
 左右腕ともに、左腕パーツを使用し、両腕に予備サーベルラック装着。
 手はハイディティールマニュピレーターを使用し、武器と接着してあります。
 下腕部アポジモーターにはメタルパーツ使用。

【腰部】
 フロントアーマーの段差部分は開口し、エバーグリーンのスリット入りプラ板を
 裏から貼り付けて別パーツ化しています。
 また、下部に1.2mmプラ板を貼り付けて大型化。
 フンドシ部分は削り込んで直線的な形状に変更。
 リアアーマー裏面もスリット入りプラ板で蓋を作りスカスカ感を解消。

【足部】
 太股で3mm延長して、よりヒーロー体型にスタイル修正。
 膝関節のマイナスモールドはハイキューパーツ製メタルマイナスモールドを使用。
 ふくらはぎ部バーニアはGテンプル製メタルバーニアに置換。
 バーニア保護アーマーの形状を直線にし、さらに薄くしてあります。
 足裏バーニアはAKOホビー製フラットスラスターIIに置換。
 膝にあるスラスターは別パーツを埋め込んで立体的にしてあります。
 ファンネルが重いのでキットのままだとバランスを取るのに、
 若干猫背気味になるのを、足首パーツの隙間にオモリを仕込む事で解消。

【武器】
 ビームライフル・シールドはc・o・v・e・r-kit-15を使用。
 適所にメタルパーツでディティールアップ。
 バズーカもキットのままですが、メタルパーツでディティールアップしてあります。
 ファンネルもキットのままですが、手を切らないように注意が必要ですw

【塗装・カラーレシピ】
 パーツ洗浄後、ホワイトサフでサフ吹き。
 クレオス308番グレーFS36375で下地吹き。
 
 本体白:スーパーシェルホワイト(フィニッシャーズ)
 本体青:ラベンダー(フィニッシャーズ)
 本体黄:黄燈色(クレオス)

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

νガンダム制作記1
さて、νガンダムです。

少し前に購入してあったのですが、
他の作品を作っていたので手付かずで放置プレーしてました。

で、今回の作品は、
「νガンダム ダブル・フィン・ファンネル装備型」に挑もうかと思ってます。
wikiで調べると、
 ・バックパックのサーベルラックをフィン・ファンネルのジョイントに置き換え、
  左右にフィン・ファンネルを装備できるようにした機体。
 ・合計12個のフィン・ファンネルを装備している。
 ・サーベルラックはバックパック両側面に各1つ、ビームサーベルは合計2本となっている。
 ・機体自体も通常のνガンダムに比べ細部が若干異なっている。
との事。

細部が異なってるって部分については、設定資料を持ってないので不明。
だから、形状はほとんどそのままw
あっ、現段階で左右非対称の下腕部は別キットの左腕を流用して、
両腕とも、左腕の形状に変更します。

この時点でプラモデル本体は2キット必要…

そして、今回はB-CLUBの「c・o・v・e・r-kit15」ってレジンキットを購入したので、
これを使用して改造します。

さらに10月発売予定の「c・o・v・e・r-kit17」もνガンダム用…
『頭部と腰部に絞った造形を行い、シャープなシルエット再現に成功しています。』
との説明書き・・・

思わず予約・・・

c・o・v・e・r-kit15のパーツとc・o・v・e・r-kit17のパーツを1機に取り付けて、
ついでにハイディティールマニュピレーターも付け、
自力でプロポーションを改修して、かっちょいいνガンダムを作り上げます。

で、そうするとレジンの顔パーツが一個余るので、もう1機別に作成…

そうなるとファンネルが足りなくなるので、プラモデル本体をもう1個購入…


普通に組み立てるだけなら定価で1体2625円


これから作るのは2体で
 プラモデル本体×3 7875円
 c・o・v・e・r-kit15 8190円
 c・o・v・e・r-kit17 3990円
 ハイディティールマニュピレーター HDM161 νガンダム用 2310円
合計22,365円


…。


まぁ、全部が全部定価で購入してるワケでは無いのですが~

やりすぎたw

とりあえず1体は劇場版の設定通りのカラーリングで、
もう1体はif機なので、設定無視のオリジナルカラーリングで作成予定です。

とりあえず、素組み完成~w
08-10-01_19-211.jpg
この状態でプロポーション的に改修が必要と思われる箇所は、
 ・足が短い
 ・胴が太くて短い
 ・手が長い
 ・肩の位置が少し高い(怒り肩になりすぎ?)
 ・腰部アーマーが全体的に小さくてトランクス履いてるみたい
ぐらいかな?(って、ほぼ全体的に修正やん)

ふくらはぎの黒い炉でスネ部分がすごく細く締まって見え過ぎるような気が…
まぁ、気にしだしたらエンドレスなんで、色々改修しながらバランス見て考えます。

とりあえず、またしても2体制作…orz


HGUC 1/144 ニューガンダムHGUC 1/144 ニューガンダム
(2008/03/28)
不明

商品詳細を見る

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

copyright © 2006 J'z PROJECT all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。